■宮城県登米市:「懐古館」■(伝 「白石宗実公」着用の甲冑)

令和 元 年  6 月  8 日:
■宮城県登米市:「懐古館」■(伝 「白石宗実公」着用の甲冑


● 本日、登米市での  業務の帰路 悪天候であったが、思い立って、

 寺池城内に所存する「登米懐古館」で、開催されている「甲冑展」に  立ち寄りました。

イメージ 3

イメージ 1

「伝 白石宗実(しろいしむねざね)(1545~1599)公着用の甲冑」(寄託)を  拝観してきました

甲冑は、「鉄黒漆塗五枚胴具足」
この「白石宗実公」は好きな戦国武将でもあり、拝観できてうれしかったです  。


館内は  写真  撮影禁止となっていましたので、
下記に、 ネットから拝借した写真をアップしておきます・・・(笑)。




登米懐古館 
1961(昭和36)年に、登米町出身の実業家で名誉町民の渡辺政人氏の寄贈により建てられた博物館。
城下町であった当時をしのばせる品々が並ぶ。鎧や兜、脇差などの武具は必見
伊達家ゆかりの武具や工芸品をはじめとする貴重な文化財や、
登米伊達氏の変遷をいまに伝える資料などを展示している。

イメージ 2




 
さくら社会保険労務士事務所・宮城 
URL:
  http://www.sakura-sr.com/